サイト内検索:
 



間違いだらけ!!「大流行!ノンシリコンシャンプー」の使い方
ツヤのあるサラサラ髪や、髪に落ちつきが欲しい人はシリコン入りのトリートメントを!
一方、毛が細くて根元からボリュームを出したい人はノンシリコンのトリートメントを!


■ノンシリコンシャンプーって何?
シリコンが入っていないシャンプーのこと。

■シリコンって、豊胸につかうアレ?
まったく別物。シャンプー用シリコンは、化粧品などに使われているもので、洗髪時に指通りを良くする効果がある。またコーティング剤の一種なので、髪に皮膜を作ってくれる。

■シリコンは髪に悪いの?
シリコンの安全性はとても高い。しかし、シャンプーは汚れ落としが最大の目的なのに、コーティング剤を入れては意味がない、との発想から「ノンシリコン」がにわかに注目されてきた。

■なぜコーティング剤をシャンプーに入れているの?
シャンプーの洗浄成分には、高級アルコール系、石けん系、アミノ酸系、ベタイン系などがあり、これらの成分を組み合わせて使っている。中でも高級アルコール系のラウレス硫酸という洗浄成分は、少量でよく泡立ち、しかも安価なので、低価格のシャンプーには相当量を配合している。しかしラウレス硫酸は、洗浄力が強く髪や頭皮の汚れは落ちるものの、洗っている時に指が髪に絡んだり、洗った後もギシギシして使用感が悪かったりという問題が起こるため、シリコンを入れることでネガティブ要因を排除してきた経緯がある。

■シリコン入りシャンプーのデメリットは?
「シリコンシャンプーによって毛穴が詰まる」、「頭皮に悪影響」という話には科学的な根拠はない。シャンプーは洗い流すものだし、頭皮もターンオーバー(表皮の新陳代謝)ではがれていく。また、頭髪は1日0.3〜0.5ミリずつ伸びていくので、万が一、毛穴に詰まったとしても髪の毛と一緒に押し出される。毛穴からは皮脂も分泌されるので、皮脂と一緒に毛穴に詰まったシリコンも排出されると考える方が科学的。

■ではノンシリコンにこだわらなくてもいい?
ただ「洗髪」が目的なら、シャンプーにシリコンは不要。シャンプーの値段はやや高くなるが、アミノ酸系やベタイン系などのマイルドな洗浄成分を中心にうまく組み合われば、十分洗浄力があり、指通りの良いシャンプーも作れる。実際、美容室で販売しているプロ用のシャンプーにシリコンはほとんど入っていない。

■では、コンディショナーには?
シリコンは髪の毛に皮膜を作るので、ツヤが出て、サラサラとした指通りになり、髪が皮膜で少し重くなる分、落ち着く効果がある。だから髪の落ち着きと、ツヤやサラサラした指通りを求める人は、シリコン入りのトリートメントが良い。一方、髪の毛が細くてボリュームを出したい人は、シリコンが入っていないトリートメントのほうがおすすめ。シリコンの皮膜がなくなるので、髪が軽くなり、根元からふわっと立ち上がってボリュームが出る。

■正しいシャンプー&コンディショナーの選び方は・・・
「ノンシリコン」をうたっっている商品でも、「シャンプーはノンシリコン、でもトリートメントはシリコンがたっぷり」といったセット物も少なくないので要注意!シャンプーやトリートメントの容器裏の成分表示を必ずチェックすべし。ジメチコン、シクロメチコン、シリカ、シリル、シロキ、シランというものがつく成分が含まれないものは、シリコンを使っていない商品と判別できる。






コメント入力フォーム
ニックネーム:
コメント:
パスワード:






iPhone,
BlackBerry,
でも検索可能

名前検索(英のみ)
By Name
カテゴリ・キーワード検索(英・日対応)
By Category/Keyword


例:車(auto)、銀行(bank)、美容(Beauty)、本屋(Book Store)
〜今日のお食事〜
04月17日
Vegetable Croquette Curry
$6.99
COCO壱カレー
詳しくはこちら
天ぷらうどん 明治製麺
焼き鳥丼 HASU Restaurant
チッポートレチキンボウル Chili's
一覧へ
 

クラシファイド週末お出かけ情報HELP!! 法律相談サッカー
会社概要お問い合わせプライバシーポリシー利用規約広告掲載について

Copyright (C) 2014 Bridge USA All Rights Reserved.