サイト内検索:
 


上村一昭(Kazuaki Uemura)弁護士
遺産相続のための「 エステートプラン 」について

anc
エステートプランを作成しないまま、私が亡くなった場合、どんな問題が家族に起こってしまうのでしょうか?
エステートプランとは、リビングトラスト*、遺言状、委任状、医療事前指示文書などを作成し、あなたが所有する財産の管理について指示を残すことです。家族間の揉め事や、相続手続きが長引くのを避けられるほか、不必要な出費や税金を負担せずにすむという利点があります。
 もし事前にエステートプランを作成していなければ、あなたの死後、カリフォルニア州の法律の下、あなたの意思とは無関係に財産管理と遺産分配が行われることになります。これには相続人が未成年または管理能力のない場合に指名される後見人や管理人の決定と、プロベート** と呼ばれる裁判所による遺産の分配も含まれています。
 実際に私が数年前に手がけたあるケースについてお話しましょう。その男性は生前にリビングトラストを作成していましたが、それは専門の弁護士によるものではなく、市販のソフトで作成したものでした(現在多くの方がインターネットなどで購入できる市販のソフトを利用していますが、場合によってはその内容が万全でないことがあるためお勧めできません)。
 彼の残したリビングトラストには、自宅を含む財産を3人の子どもたちに均等に分配するように、と記されていましたが、ここで問題が発生してしまいました。1つは、自宅の名義をトラスト上に変更するという手続きを済ませていなかったばかりに、
プロベートが行われることになったこと。そしてもう1つの問題は、遺産相続人の1人である息子でした。財産は2人の娘と1人の息子に均等に分配されることになっていましたが、息子は40歳を超えても、読み書きもできず、高校生の頃から薬物常用者で、仕事にも就いていませんでした。プロベート終了後、彼は8万ドルの遺産を相続したのですが、ひと月も経たないうちに、酒と薬物ですべて使い果たし、姉の家に居候することになりました。
 もし専門の弁護士がリビングトラストを作成していれば、まずプロベートの手続きを省略でき、さらにこの息子のためにトラストを設定して、1度に全ての遺産を渡さず、アパートの家賃と食費に十分な額だけを毎月支払うようにすることが可能だったのです。
 このように、財産管理についてきちんとした知識がないばかりに、残された家族がトラブルに巻き込まれてしまうケースは少なくありません。
自分自身そして家族のために適切なエステートプランを立てていただきたいものです。

* リビングトラスト:財産管理を具体的に示した文書
** プロベート:総額財産が15万ドル以上または遺言状がない場合に裁判所が行う手続き


anc
「Advance Health Care Directive」について、詳しく教えてください
「Advance Health Care Directive」とは、医療に関する事前指示のことで、大きく分けて2つの目的があります。

第1の目的は、自分の代理人を任命することです。通常代理人には、配偶者や子供が選ばれることが多く、例えばあなたが交通事故に遭い、手術が必要であるにも関わらず意思決定ができない場合、代理人は以下のような権限において決定を下します。

1 身体または精神状態に関するあらゆる看護、治療、サービス、処置、診断などの医療行為の受け入れまたは拒否

2 医療従事者および医療施設の選択または変更

3 診断、検査、手術そして投薬プログラムなどの許可または拒否

4 人工栄養および水分の投与、保留、撤回、そして心肺蘇生術を含むすべてのヘルスケアにおける施術の決定

5 遺体からの臓器提供、死亡解剖の許可そして遺骨の処置などの決定第

2の目的は、回復の見込みがないと医師が判断した場合に、取るべき措置の指示を出すことです。例えばあなたが植物状態になりそれが続いたとします。このような場合、自然死を希望するのか、それとも再び意識を取り戻す可能性がなくても延命治療を希望するのか、またそのための看護や治療、サービス、処置などについて明確に指示するのです。

ここでアメリカの延命治療において、歴史に残る重要なケースをご紹介しましょう。1983年、当時25歳だったミズーリ州在住のナンシー・クルザンは、自動車事故のため意識不明のまま、病院に担ぎ込まれました。その後ナンシーは、4年以上にわたり、栄養チューブで生命を維持することになりました。数年後、ナンシーの両親は、彼女がそのような状態で生きることを望んでいないはずだと、栄養チューブを外すように病院に訴えたものの、病院側は治療を中止することを拒否。そこで両親は栄養チューブを外す許可を求めて訴えを起こしました。ケースはミズーリ州の裁判所を経て、連邦最高裁判所にまで進み、全米で大きな論争を巻き起こしました。結局さまざまな証言を通して、ナンシーが生命維持装置による延命を拒否していたことを示す十分な証拠をもとに、事故から約8年後、裁判所の判決でようやく栄養チューブは外されたのです。この事件を機に、カリフォルニア州をはじめ、その他の州の法律が改正されました。

「Advance Health Care Directive」は、エステートプランの最終段階で作成する文書ですが、病気や不意の事故などで起こりうるさまざまな問題に対処することができます。何よりも、医療に関する意思決定ができなくなった場合の不安を、大幅に軽減できる唯一の手段といえるでしょう。


anc
いずれ子供たちに自宅や債券などの財産を残したいのですが、口頭での遺産分配指示は可能でしょうか?
 「通常、正式な遺言状がなく、さらに総額財産が15万ドル以上の場合は、裁判所がプロベートの手続きを行い、財産は法律によってしかるべき相続人に平等に分配されることになります。しかし実際には正式な遺言状を作成せずに、口頭で遺産分配の指示を行う方は少なくありません。法律的には、たとえ口頭の約束であっても、すべての相続人が遺産分配の内容に同意していれば問題ありません。しかし誰か1人でも反対すれば無効になってしまいます。

 ここで私が過去に実際に手がけた口頭による遺産分配のケースをご紹介しましょう。女手ひとつで8人の子供たちを育てあげた女性が90歳で亡くなりました。全資産の価値は20万ドルほどで、彼女は常々「財産はそれぞれの子供たちに平等に残したいけれど、介護で苦労させた娘の1人が相続する割合は増やしたい」と話していましたが、正式な遺言状は作成していませんでした。その代わり、彼女はエステートプランとして自分の全財産を「ジョイント・テナンシー(合有財産)」に移して、その娘をもう1人の所有者にしていました。「ジョイント・テナンシー」という形態は、所有者の1人が死亡すると、生き残った方が自動的に全ての財産を受け取ることになります。つまり娘は遺産分配の権利をすべて握っていたわけです。

 ところが母親が亡くなった後、8人兄弟姉妹の兄弟たちがこの事を知って異論を唱え始めました。彼らは姉が母親を騙して「ジョイントテナンシー」に移すようにした、と主張し、ついには裁判にまで発展してしまったのです。双方の弁護士が、互いに歩み寄るよう働きかけましたが、どちらも譲ろうとはしませんでした。

 その結果、訴訟は1 年以上続き、私の弁護士費用は4万ドルにも上りました。さらに険悪な裁判の後、裁判官が下した判決は母親は遺産についての有効な指示を残さなかった。従って8人の子供の間で遺産を均等に分配すべきである≠ニいうものでした。つまり母親を介護するために、大きな犠牲を払った娘が優先されることはなかったのです。

 このように、口頭での遺産分配指示は、たとえ家族間であってもさまざまなトラブルを引き起こすことが多くお勧めできません。また遺言状さえ作成すれば、遺産相続の心配はないと考える方も多いのですが、実は遺言状の執行にはプロベートの手続きが必要となり費用も時間もかかります。死亡後の遺産相続を円滑に行うためにも、遺言状を含めたエステートプランを作成することをお勧めします。


anc
長かった駐在生活が終わり、日本に帰国することになりました。10年前に購入した自宅は売らずに人に貸す予定ですが、帰国前にエステートプランを作成したほうが良いでしょうか?ちなみに2人の子供たちはすでに成人しており、それぞれテキサス州とニューヨーク州に在住しています。
帰国に際し、資産をどうするべきかというご相談をよく頂きます。まずアメリカ国内に家などの資産を持っている方は、たとえご自身がアメリカに住んでいなくても、エステートプランを作成しておくべきでしょう。その理由は、あなたの居住場所にかかわらず、代わりに資産を管理する人が必要だからです。
またこれらの資産の相続についても検討しなければなりません。もしあなたが亡くなった場合、「リビングトラスト*」がなければ、ご自宅を含む資産は、プロベート** に入ることになります。相続人である2人のお子さんは、弁護士や裁判所に予想外のお金と時間を費やすことになりかねないのです。
エステートプランで作成する文書には「リビングトラスト」「遺言状」「委任状」「医療指示書(医療に関する意思決定を示した文書)」などがあり、各文書の作成には1週間ほどかかります。ただし資産の名義変更や、相続税または贈与税のための信託設立などが必要な場合は、作成文書および期間は異なります。

* リビングトラスト:財産管理を具体的に示した文書
** プロベート:総額財産が15万ドル以上または遺言状がない場合に裁判所が行う手続き


anc
50代の男性です。自宅と貯金があるのですが、独身で子供もいないため、エステートプランを作る際、相続人には誰を指名したら良いのでしょうか?父母ともにすでに数年前に他界し、兄弟もおりません。
独身でお子さんがおらず、またお身内の方が亡くなっている場合でも、やはり「リビングトラスト」を作成しておく必要があります。資産は近しい友人や教会、学校などに寄付することが可能ですが、このまま何の準備もなければ、カリフォルニア州の法律により、あなたが亡くなった後、資産は近親者にわたることになります。通常はご両親、伴侶、子供または兄弟姉妹の順で、さらに甥や姪がいなければ、遠い近親者となります。
もし裁判所に該当する近親者の申請がなければ、あなたの資産は該当者が現れるまでカリフォルニア州が保管することになります。あなたの希望通りに資産管理または贈与できるように、できるだけ早く専門の弁護士に相談してください。


anc
エステートプランの作成を考えていますが、友人から『リビングトラスト』だけで十分だと聞きましたが本当でしょうか。もしほかに作成する場合、どんな文書があり、なぜ必要なのでしょうか。
『リビングトラスト』は、エステートプランのなかでも非常に重要な文書のひとつで、ご自分の財産を何らかの理由で管理できなくなったときに、誰がどのように管理するか、またあなたが亡くなった後に、誰に資産を贈与するかを示すインストラクションのようなものです。しかし『プロベート』を回避したり、医療に関する事前指示などを行うことはできませんので、エステートプラン作成時には、『リビングトラスト』に加え、以下の文書を追加することをお勧めしています。

■ 遺書
A Simple Will
現在カリフォルニア州では、総額財産が15万ドル以上または遺言状がない場合、裁判所が遺産を分配する手続きを行います。この手続きは『プロベート』と呼ばれ、多くの出費と時間がかかります。弁護士と遺言執行人の料金は、相続遺産の価値に対する割合によって計算されますが、たとえば遺産価値が100万ドルの場合、弁護士と遺言執行人の費用はそれぞれ2万3000ドルで、合計費用は4万6000ドルにも上ります。またもっとも簡単なケースの場合でも、遺産を相続できるようになるまでには数か月間かかるのが普通で、ときには数年間におよぶこともあります。
もしあなたが他州に、あなた名義の不動産を所有している場合でも、遺書がなければ同様に『プロベート』の手続きが必要となります。

■ 永続的委任状
Durable Power of Attorney
管財人に、経済的な決定権とあなたの代理として契約やチェックなどに署名する権利を与える委任状のことです。

■ 医療に関する事前指示
Advance Health Care Directive
エステートプラン最終段階において作成するもので、任命した代理人が、あなたが医療に関する意思決定ができなくなった時に、代わりに決定を下すための文書です。

また医師が回復の見込みがないと判断した場合に、自然死を希望するのか、それとも再び意識を取り戻す可能性がなくても延命措置を取ることを希望するのかなど、あなたの望む対処法について明確に指示することができます。

最後に、これらの文書を作成できるのは弁護士だけです。エージェントを通す場合は、依頼主と弁護士の接点がないので、トラブルが起きる可能性があります。依頼主から弁護士に直接依頼し、納得のいくまでエステートプラン作成に携わることをお勧めします。


anc
いずれ日本にいる息子夫婦と、ロンドンに住む娘に、財産を残したいと考えています。譲渡人が外国にいる場合、エステートプラン作成にはどんな手続きが必要なのでしょうか。署名などは必要ですか?
エステートプラン作成にあたり『リビングトラスト』や『遺書(A Simple Will)』『永続的委任状(Durable Power of Attorney)』『医療に関する事前指示(Advance Health Care Directive)』などが必要になりますが、なかでも『リビングトラスト』は、あなたが亡くなった後、誰に何を贈与するかを具体的に示すことができます。

遺産を受け取る譲渡人は、アメリカに居住していなくても問題ありません。また『リビングトラスト』を作る際に、署名をする必要もありません。ただし資産は『リビングトラスト』に移し、また譲渡人についての記載が必要です。たとえば、あなたが所有する不動産は『○○・ファミリー・トラスト』という名の、あなたが設定した『リビングトラスト』名義となります。銀行口座やほかの資産も同様に『リビングトラスト』名義となりますが、あなたが亡くなった後、死亡給付支払条項(Pay on Death)に基づき、譲渡人が受け取ることになります。

『リビングトラスト』は、自分が生きている間または資産の管理ができるうちは、あなた自身がトラスティ―(受託者)を務めます。つまり資産はまだあなたのものということです。さらにトラスティ―は、資産を増やしたり、売却したりすることもできます。資産の決定権はあくまであなたにあるのです。


anc
エステートプランで取り扱う財産にはどのようなものがありますか?現在、自宅・債券・宝石などに加え、銃のコレクションがあるのですが、譲渡は可能でしょうか。また譲渡できない財産があれば教えてください。
エステートプランでは、ほぼすべての財産を譲渡することができます。不動産、銀行口座、債券などのように名義がある財産は、あなた名義の『リビングトラスト』に入れ、あなたが亡くなった後、指名した譲渡人が受け取ることになります。宝石、銃、家具など、名義のない財産は、トラスティーがそれぞれの譲渡人を指名します。
銃を譲渡する場合は、法律上の手続きが必要となることもあります。銃の種類や数などの詳細を含め、ぜひエステートプラン専門弁護士にご相談することをお勧めします。


anc
エステートプランの作成を検討していますが、誰を受託者または遺言執行人に指名すれば良いのでしょうか?また報酬についても教えてください。
エステートプランでは『リビングトラスト*』『遺書(A Simple Will)』『永続的委任状**(Durable Power of Attorney)』『医療に関する事前指示 Advance Health Care Directive』』などの文書を作成するのですが、『リビングトラスト』では受託者(Trustee)を、そして『遺書』では遺言執行人(Agent)を指名しなければなりません。

受託者は、アメリカ市民または永住権保持者が望ましく、また本人に代わって財産の管理を担うわけですから、ある程度経験のある人が良いでしょう。一方、遺言執行人は、アメリカ市民である必要はありませんが、アメリカに在住していて英語を話せることが条件となります。また遺言執行人の場合は、裁判所の監督の下で行動することになります。

いずれにしても両者とも『リビングトラスト』や『遺書』に明記されている要望を、確実に実行する責任があります。最も重要なのは、当たり前のようですが、自分の財産を安心して任せられる人を選ぶべきだということです。

ちなみに弁護士を受託者または遺言執行人には指名することはできず、一般的に左記の3つから選ぶことになります。受託者と遺言執行人は成人であることが条件で、すべて報酬(Reasonable Compensation) が発生します。

1 配偶者、子供、親戚、友人など
誰を選択するかについては、弁護士に相談して色々な点を考慮すべきです。たとえば成人した子供の中から1人を選んでしまうと、他の子供たちとの仲が険悪になってしまうことも考えられますし、またその人に責任を果たすための必要な時間や能力、そして経験があるのかどうかについても考える必要があります。
報酬:話し合いに応じて決定する。時給の場合は50ドル〜100ドルが相場で、実働分のみを支払う

2 銀行
財産管理から相続人への手続きまで一貫してサポートしてくれます。
報酬:財産の1%から1・5%程度

3 専門業者
Private Professional Fiduciary と呼ばれる民間の専門業者に依頼する方法です。
報酬:時給100ドル

もし財産を受け取る相続人が18歳未満である場合は、18歳になるまでお金の管理を受託者に任せておいた方が良いでしょう。しかし18歳になったとしても、責任を持ってお金を管理できないことが多いのが実情です。通常私は、相続人が少なくとも25歳になるまで、信頼できる受託者に財産の管理を任せることをお勧めしています。

* リビングトラスト:財産管理を具体的に示した文書
** 永続的委任状:管財人に経済的な決定権とあなたの代理として契約やチェックなどに署名する権利を与える委任状


anc
年金プランを扱うエージェントにエステートプラン作成を勧められました。エージェントと専門弁護士の違いは何ですか?
エステートプランとフィナンシャルプランは、似ているようで完全に非なるものです。自分の財産について指示を残すエステートプランに対し、フィナンシャルプランは、手持ちの資金を使って、例えば株、生命保険、不動産などを購入して、将来のためにいかに投資するかを検討します。フィナンシャルプランは、各分野の専門家に相談することになりますが、エステートプランの文書を作成できるのは弁護士だけです。
つまり年金プランや投資商品を販売しているエージェントが、エステートプランの作成を引き受けたとしても、彼らは依頼主の情報を得た後で、弁護士に文書の作成を依頼するのです。
しかしこの場合、依頼主が弁護士に直接会う機会はありませんので細心の注意が必要です。
というのも、エステートプランを作成しても、場合によってはその内容が万全でないことがあるからです。私が以前扱ったある「プロベート*」のケースは、業者を仲介して「リビングトラスト**」を作成した男性が、自宅の名義をトラスト上の名義に変更するというごく簡単な手続きを済ませていなかったばかりに、後に子供たちが大変苦労することになりました。書類自体には何の不備もなかったのですが、その業者から男性に自宅の名義変更におけるメリットやデメリットについての情報や提案は一切なかったため、結局子供たちは、父親の自宅の所有権を得るために「プロベート」の手続きに9か月を費やし、さらに8千ドルの弁護士費用を支払わなくてはならなかったのです。このケースの場合、最初から信頼できる弁護士に直接依頼して「リビングトラスト」を作成しておけば、時間も費用も最小限で済ませることができたはずなのです。
またエステートプランは常に変化するものです。みなさんの状況が変わることもあれば、財産の内容が変わることもあります。また法律が変更されることもあるでしょう。従って時折エステートプランを見直して、現在の要望を反映しているかどうかを確認する必要があります。
将来起こりうるさまざまな問題を避けられることを考えると、やはり専門の弁護士にエステートプランを作成してもらうことが大切だと言えるでしょう。

* プロベート:総額財産が15万ドル以上または遺言状がない場合に、裁判所が行う相続手続き
** リビングトラスト:財産管理を具体的に示した文書


anc
エステートプラン作成を検討しています。具体的な流れを教えてください。
エステートプラン作成では、通常2回の面談を行います。

■第1回面談
以下のような各文書作成のための手続きをはじめ、ご質問にお答えしたりアドバイスを行います。文書作成期間は1週間ほどです。

「リビングトラスト( 生前信託)」Living Trust
エステートプランのなかでも重要な文書のひとつで、ご自分の財産を何らかの理由で管理できなくなったときに、誰がどのように管理するか、またあなたが亡くなった後に、誰に資産を贈与するかを示すインストラクションのようなものです。しかし『プロベート』を回避したり、医療に関する事前指示などを行うことはできません。

「遺書」A Simple Will
カリフォルニア州では、総額財産が15万ドル以上または遺言状がない場合、裁判所が遺産を分配する『プロベート』を行います。弁護士と遺言執行人の料金は、相続遺産の価値に対する割合によって計算されますが、もっとも簡単なケースでも、遺産を相続できるようになるまでには数か月間かかるのが普通で、ときには数年間におよぶこともあります。
もしあなたが他州に、あなた名義の不動産を所有している場合でも、遺書がなければ同様に『プロベート』の手続きが必要となります。

「永続的委任状」Durable Power of Attorney
管財人に、経済的な決定権および、あなたの代理として契約やチェックなどに署名する権利を与える委任状のことです。

「医療指示書」Advance Health Care Directive 
エステートプラン最終段階において作成する文書です。任命した代理人が、あなたが医療に関する意思決定ができなくなった時に、代わりに決定を下します。
また回復の見込みがないと判断された場合に、自然死を望むのか、それとも再び意識を取り戻す可能性がなくても延命措置を施すのかなど、あなたが希望する対処法について明確に指示することができます。

■第2回面談
作成した文書に署名し、終了です。

上記は一般的なエステートプラン作成の流れです。資産の名義変更や、相続税/贈与税のための信託設立などが必要な場合、作成文書および期間は異なります。


 

iPhone,
BlackBerry,
でも検索可能

名前検索(英のみ)
By Name
カテゴリ・キーワード検索(英・日対応)
By Category/Keyword


例:車(auto)、銀行(bank)、美容(Beauty)、本屋(Book Store)
〜今日のお食事〜
08月24日
冷やし中華ゴマ
9.75ドル
秀ちゃんラーメン
詳しくはこちら
Green curry Three Spice Thai Kitchen
ソフトシェルクラブのてんぷら Maison Akira
サザエ 勘八
一覧へ
 

クラシファイド週末お出かけ情報HELP!! 法律相談サッカー
会社概要お問い合わせプライバシーポリシー利用規約広告掲載について

Copyright (C) 2015 Bridge USA All Rights Reserved.