サイト内検索:
 


画家:乃村豊和
『楽園の麗しき果実』  
F6 2012 Oil on canvas
人間は生まれながらに罪の支配下にあり、常に罪を犯さざるを得ない存在であるという。
とはいえ神の本質的な敵対的存在はあくまで悪魔であって人間ではない。アダムとエヴァの原罪の物語にあるように、人間的な感覚的弱点を突かれて罪を犯した責任が遺伝的に全人類に及んでいるという。その根拠は被造物である人が神の如くなろうとした高慢さや神に属する世界をも己がものにせんとした貪欲さにある。〈真・善・美〉という精神的価値も本来は神のものである。ただ、われわれに精神的な意志力がある限り罪の誘惑に戦えるのであるから、やはり罪の責任はあくまで人間にあって悪魔ではない、ということである。


プロフィール 乃村 豊和 [Nomura Toyokazu]
画家。(社) 春陽会正会員。日本芸術協会審査顧問。レザン乃会主宰。1949年愛知県出身。人物画を中心に多彩なジャンルで油彩水彩・デッサン・墨画などの個展多数。1998年ロサンゼルスに家族と移住以来、年数度、日米間を往復しながら制作活動中。
nomuraart0008@hotmail.co.jp


iPhone,
BlackBerry,
でも検索可能

名前検索(英のみ)
By Name
カテゴリ・キーワード検索(英・日対応)
By Category/Keyword


例:車(auto)、銀行(bank)、美容(Beauty)、本屋(Book Store)
〜今日のお食事〜
08月24日
冷やし中華ゴマ
9.75ドル
秀ちゃんラーメン
詳しくはこちら
Green curry Three Spice Thai Kitchen
ソフトシェルクラブのてんぷら Maison Akira
サザエ 勘八
一覧へ
 

クラシファイド週末お出かけ情報HELP!! 法律相談サッカー
会社概要お問い合わせプライバシーポリシー利用規約広告掲載について

Copyright (C) 2015 Bridge USA All Rights Reserved.