サイト内検索:
 


画家:乃村豊和
雀の子( 若紫)
F4 Oil & Mixmedia on Canvas
《雀の子を犬君(いぬき)が逃がしつる》・・・印象的な10歳の若紫(のちの紫の上)との出会いのシーンである。「源氏物語」はシェークスピアより500年以上も前に書かれた王朝を舞台とした世界に誇る日本最古の長編小説。現代では許されない禁断愛や略奪愛、また、この若紫の誘拐愛?など、女の目線で男の政治的考察や女の嫉妬心、羨望を繊細かつ優艶に抉りだしている。いや、単なる54巻から成る現代の恋愛小説の集合体であり、お好きなところから読んでもいっこうに差し支えない、と揶揄されるむきもある。だが、人間模様の鋭い内面描写は現代人の感受性を遥かに凌駕してはいないだろうか。波乱万丈の源氏の傍らにいつも仕えた紫の上は、源氏物語のなかで生涯を描かれた唯一の女性であり、第二の主人公なのである。


プロフィール 乃村 豊和 [Nomura Toyokazu]
画家。(社) 春陽会正会員。日本芸術協会審査顧問。レザン乃会主宰。1949年愛知県出身。人物画を中心に多彩なジャンルで油彩水彩・デッサン・墨画などの個展多数。1998年ロサンゼルスに家族と移住以来、年数度、日米間を往復しながら制作活動中。
nomuraart0008@hotmail.co.jp


iPhone,
BlackBerry,
でも検索可能

名前検索(英のみ)
By Name
カテゴリ・キーワード検索(英・日対応)
By Category/Keyword


例:車(auto)、銀行(bank)、美容(Beauty)、本屋(Book Store)
〜今日のお食事〜
10月28日
チキンブリトー
$6.25
チポトレ・メキシカングリル
詳しくはこちら
ランチスペシャル・ロコモコ Cafe HIRO
アサリとシメジのスパゲッティ スプーンハウス
タラコウニイカスパゲッティ スプーンハウス
一覧へ
 

クラシファイド週末お出かけ情報HELP!! 法律相談サッカー
会社概要お問い合わせプライバシーポリシー利用規約広告掲載について

Copyright (C) 2014 Bridge USA All Rights Reserved.