サイト内検索:
 


・最近記事
・2016-05-16
・2016-04-19
・2016-03-01
・2016-02-15
・2016-01-14
一覧へ
 
 
2016年05月16日
地震州カリフォルニアでも『減災』準備、 怠りなきよう
◼️4月14日からの、熊本地震、非常に大きな被害が出た。しかも揺れは今まだ続いている。不安が続く被災者の方を思うと、心が痛む。

◼️今回クローズアップされたのは報道陣のふるまいへの批判。SNSなどで被災者からの苦情が拡散されるにつれ、メディア批判は大きくなった。災害報道への批判は昔からあったし、私自身、以前、日本の大手メディアのカメラマンの傍若無人さに頭にきて、やりあったこともある。混乱している人への無遠慮なインタビューどころか、ヘリコプター取材の騒音で倒壊家屋の下敷きになった人の救出活動を妨げたという捨て置けない話もある。ハッキリ言いたい。甚大な災害の報道において、マスコミ各社が被災地に繰り出すのは、もうやめるべきだ。共同体制を組んでその情報をシェアすればいい。今の時代、情報の伝達は被災者の方たちが、画像、動画付きでSNSに投稿し、そちらの方が情報も拡散も速かったりする。災害が起きた時の初動取材において最優先すべきは「現地にまず迷惑をかけないこと」。ただし批判風潮に乗っかって無責任な発言をするヤカラには「お前らは黙っとれ!」と言いたいが。

◼️自粛は不要だ―という論議もまた繰り返された。多分、その通りだ。ある女性のツイッターが目に留まった。「神様が引きこもるような災いが起こったら、お祭り騒ぎした方がいい、って対策が大昔からマニュアル化されてたりするから、神話とか伝えてくの本当に大事」。なるほど。天照大神か。

◼️「支援の災害化」も問題だ。小口の支援物資は被災地が混乱するばかり。こんな話もある。「東北の震災の時、空腹で参っていた時に救援物資が届いた報せを聞き、励まし合ってきた仲間と一緒に箱を開けたら、箱一杯の千羽鶴だった」。また古着などは「第二の災害」になる。実際の役に立たない物は、余計な混乱を被災地に発生させるばかり。これはもはや「救援物資」ではない。「救援物資は要求されたものを送る」「ボランティアは要請されたら行く」。もらう側のくせに生意気な、なぞと思う人は災害支援に決定的に向いていない。

◼️ところで東日本大震災は『境界プレート型』だったが、熊本地震は『断層型』『直下型』だった。プレート型は陸地から離れた所で起こるため津波の被害が懸念され、断層型・直下型は、陸地の被害が大きくなる。熊本地震の原因とみられる活断層は日本中いたる所に潜む。日本の活断層は分かっているだけでも二千以上。しかし南カリフォルニアも同様だ。カルテックが発表している活断層マップ(http://scedc.caltech.edu/significant/)を見ると、どのように活断層が走っているのかが一目瞭然。自宅や職場の近くなど、驚くほど多くの活断層がある。以前は不動産価値に響くと発表されなかったが、今は開示されているので1度確認しておくといい。

◼️NASAの研究チームは昨年、3年以内に、ロサンゼルスから半径100キロ範囲で震度5以上の地震が発生する可能性は99.9%と発表した。米地質調査所も2018年までにLAで地震が起きる可能性は85%だという。

◼️被害をできるだけ小さくする『減災』が、今のキーワードだ。地震後、電気のスイッチに触ると漏電している可能性があるとか、地震後はブレーカーを落として非難しないと、停電していた電気が通電した時にストーブなどのスイッチが入り、火事が起きたケースは少なくないとか、緊急時は電話よりもS NS をフル活用せよとか、こういったことを普段から心得ておくだけでも少しは違うかもしれない。


Next >>>
by Berlynn 2016-07-19
It WAS law some time ago that they can’t operate in the rain due to false readings. They were also not allowed to ‘hide’. I don’t know if the rules have changed.What worries me more is this stupid attitude by Kent Police that they will prosecute for use of a HANDS-FREE!!!!! mobile phone, even though it’s not ilglTae!!!!!WlF???????
修正削除


コメント入力フォーム
ニックネーム:
コメント:
パスワード:







iPhone,
BlackBerry,
でも検索可能

名前検索(英のみ)
By Name
カテゴリ・キーワード検索(英・日対応)
By Category/Keyword


例:車(auto)、銀行(bank)、美容(Beauty)、本屋(Book Store)
 

クラシファイド週末お出かけ情報HELP!! 法律相談サッカー
会社概要お問い合わせプライバシーポリシー利用規約広告掲載について

Copyright (C) 2016 Bridge USA All Rights Reserved.